紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

日焼け後72時間のアフターケア方法とは?

暖かくなると、海やキャンプなど楽しいレジャーがいっぱいで楽しみですよね。
でもその楽しみと比例して、どんどん強くなっていくのが紫外線。

しっかり対策をして楽しみたいところですが、日焼け止めを塗り忘れたり、塗りムラがあったりと気がつけばうっかり日焼けしていることも・・・。

そこで、うっかり日焼けを正しくケアして、肌ダメージを軽減しましょう!

日焼け後のアフターケア

日焼けした直後の肌は、紫外線によるダメージ受けてとても弱っています。
肌への刺激を減らして、<冷却><保湿><水分補給>でケアしましょう。

冷やす

日焼けは火傷の一種で、皮膚が炎症を起こしている状態。
まずは、冷やすことが一番大切です。
火照っているところや赤くなっているところを冷たいシャワーや保冷剤を使ってしっかり冷やしてあげましょう。

保湿

しっかり冷やした後は保湿をします。
紫外線を浴びた肌は、普段の何倍も乾燥し、水分が奪われています。
刺激のない化粧水で念入りに保湿をしましょう。
紫外線を浴びてダメージを受けた肌は、刺激を感じやすくなっていますので、できるだけ刺激の少ない敏感肌用のものを使用しましょう。
コットンを使うと肌に刺激を与えることがありますので、手のひらで優しく抑えるようにつけていきます。
その後は、保湿クリームや乳液で潤いをしっかり閉じ込めます。

水分補給

日焼け後は全身の肌が乾燥していますので、肌表面だけでなく体内の水分も不足しています。
内側から水分を補給することで、肌の水分量もアップすると言われていますので、しっかり水分補給をしましょうね。

日焼け後のアフターケアは72時間が鍵

日焼け後には、<冷却><保湿><水分補給>の3大ケアが基本になりますが、実は紫外線を浴びてメラニン色素が作られ定着するまでには、『72時間』かかると言われています。

つまり、日焼け後のアフターケアはこの『72時間』が鍵ってこと。

<冷却><保湿><水分補給>の3大ケアで肌の赤みやほてりがおさまったら、シートマスクや美白化粧品でケアをしましょう。

美白化粧品に含まれる美白成分には、大きく分けると、

  • シミの原因となるメラニンの生成を抑制する
  • メラニン色素をターンオーバーさせてシミを薄くする

という2種類の働きがあります。

成分によって働きが異なりますので、自分にあったものを選びましょう。

また、紫外線を浴びて早めにしたいのが内側からのケア
飲む日焼け止めは、外出前に飲むことで体の内側から活性酸素や紫外線の吸収をブロックするという考え方のもの。
もし、うっかり飲み忘れていた場合には、家に帰った後にできるだけ早く飲む日焼け止めを飲むようにしましょう。

日焼け後レスキューのケアとして飲む場合には、普段より多めに(ホワイトヴェールなら4粒程度)飲むことをオススメします。

また、飲む日焼け止めは、毎日飲むことで効果が持続し保護力がアップします。
継続して飲んで、うっかり日焼けによる肌ダメージを軽減しましょうね。

日焼け後のレスキューケアに
飲む日焼け止め

太陽に負けない美容プチ情報