紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

髪も日焼けってするの?正しいケアで紫外線から髪を守る

紫外線が強い季節になると、髪がパサついたり髪の色が落ちてしまったりしませんか?
実はこれって紫外線によるダメージなんです。

お肌は日焼けしないように日焼け止めを塗ったり気をつけていても、髪の紫外線ケアまではしていない方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は髪の日焼けと紫外線対策についてご紹介していきます。

髪も日焼けってするの?

結論から言うと、髪も日焼けをします。
それどころか体の中で一番太陽に近い場所にある頭は、最も紫外線を浴びやすい部分。
頭皮や髪が浴びる紫外線量は、なんと顔の2〜3倍とも言われているんです。

その割に、顔や手足などの皮膚に比べて紫外線対策が疎かになっている方も多いのではないかと思います。

では、髪が紫外線を浴びるとどのような影響があるのでしょうか?

髪が乾燥しパサパサになる

キューティクルは髪の内部を守るバリアのような役割をしていて、髪を保護してタンパク質や水分を逃がさないようにしています。
しかしキューティクルは紫外線を浴びてダメージを受けると、剥がれたりめくれたりしてしまい、髪の毛の内側の水分やたんぱく質を保てなくなってしまいます。
その結果、髪の毛はとても乾燥しやすくなり、パサパサになったり、枝毛や切れ毛の原因となってしまうのです。

髪の毛が茶色になる

髪の毛が日焼けすると茶色になるというイメージがある方も多いのではないかと思いますが、これは紫外線が髪の毛の色の元になるメラニン色素を破壊するため。
そのため、黒髪の人は髪の色が赤茶色っぽい色になってしまいます。
またカラーリングを行っている場合は、色が抜けやすくなってしまうので、カラーを長持ちさせる為には髪の紫外線対策が重要になります。

フケが出やすくなる

髪の毛と同様に、紫外線を浴びると頭皮も日焼けをしてしまい、頭皮の炎症や乾燥の原因となります。
頭皮に紫外線を浴びると、頭皮に炎症が起きターンオーバーのリズムが乱れてしまいます。
その結果、古くなった皮膚と一緒にまだ未熟な皮膚も剥がれてしまいますので、フケが出やすくなってしまうのです。

日焼けしてパサパサになった髪は、老けて見える原因の一つ。
髪の毛にもしっかり紫外線対策をして、艶髪を目指しましょう。

髪の毛の紫外線対策にはコレ

肌だけでなく、髪にも必要な紫外線対策。
では、髪の紫外線対策としてはどのようなものがあるのでしょうか?

帽子や日傘で物理的に紫外線をカット

物理的に紫外線をカットする方法として、日傘や帽子があります。
紫外線をカットするだけでなく、熱中症等の対策にもなりますので、暑い夏場は常に持ち歩きたいですよね。
帽子や日傘を忘れてしまった時は髪の毛をまとめて、紫外線を浴びる髪の表面積を少なくすることをオススメします。

UVカットスプレーで紫外線カット

髪や頭皮の紫外線対策としてオススメなのが最近いろんなメーカーから発売されているUVカットスプレー。
髪にも、顔にも、体にもシューっとスプレーするだけで、ささっとUV対策ができます。
手軽で全身に使うことができますが、汗や皮脂で日焼け止めが落ちてしまったり効果が長時間持続しにくいので、2〜3時間おきにスプレーすることが重要です。

飲む日焼け止めで紫外線対策

日焼け止めといえば、塗るタイプの日焼け止めクリームやUVカットスプレーが定番でしたが、今じわじわと浸透中なのが”飲む”日焼けどめ
海外セレブの間で人気となり、テレビ番組で紹介されたことから日本でも人気のアイテムとなってきています。
塗るタイプの日焼け止めは紫外線を肌に当てないように直接的に紫外線をブロックするものでしたが、それに対して飲む日焼け止めは体の内側から活性酸素や紫外線の吸収をブロックするという考え方のもの
毎日飲むことで効果が持続し保護力がアップします。
日焼け止めクリームの塗れない頭皮や髪のケアにぴったりのアイテムなんです。

髪は女の命と言いますが、それだけ美しさのために欠かせない大事なパーツ。
しっかり紫外線から守って、艶髪でビューティーレベルを上げましょうね!

飲む日焼け止め
“ホワイトヴェール”はこちら

太陽に負けない美容プチ情報