紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

子供の紫外線対策・飲む日焼け止めって飲んでも大丈夫?

子供は日焼けしても、新陳代謝が活発だから大丈夫って思っていませんか?
以前は母子手帳に「日光浴をしていますか?」という項目が記載されていましたが、今はこの項目は削除されています。
それほど紫外線の悪影響が解明されてきたということ。

今は子供でも紫外線対策が必要なんです。

紫外線が子供に与える影響

大人は新陳代謝が低下しているから紫外線の影響をすごく受けてしまいますが、新陳代謝が活発な子供だったらそこまで影響ないのでは?と思ってしまいますよね。

でも「一生に浴びる紫外線の半量以上を18歳までに浴びる」といわれていて、想像以上に紫外線のダメージが蓄積していることが考えられます。
私たちが子供の頃と今の時代では紫外線の量が増えており、皮膚が未熟な子供は紫外線の影響を受けやすいのだそうです。
そして、この積み重ねが大人になってから皮膚ガンを引き起こしたり、目を痛めたりする原因となってしまいます。
今の時代はむしろ子供だからこそ、小さいうちからしっかりとした紫外線対策が必要なんです。

子供の紫外線対策どうする?

子供のうちから必要な紫外線対策、どのように行えばいいのでしょうか?

一番手軽に出来る紫外線対策は、やっぱり帽子。
通学時や外で遊ぶ時などは帽子を被る週間をつけましょう。

夏場、プールや海などに行く時にはラッシュガードを着て直接日が当たらないようにすることも大事です。
水面から上がった時には、パラソルなど日陰の場所で休むことを心がけましょう。

また、子供でも付けれる低刺激の日焼け止めも今はいろんなメーカーから発売されていますので、できるだけ日焼け止めクリームを塗ってあげるようにしたいですね。

最低限、外出の時にはこれらのことを行うようにしましょう。

また、最近じわじわ浸透してきているのが飲む日焼け止め
汗をかきやすい子供たちは日焼け止めクリームをこまめに塗り直すのを面倒くさがったり、暑がって帽子をかぶってくれなかったりしませんか?
飲む日焼け止めだったら、1日1回飲むだけで紫外線対策ができます。

でも、塗る日焼け止めでも肌あれしないか?体に何か悪い影響がないか?と心配なのに、飲用するサプリメントになると子供に飲ませて大丈夫なのか心配になりますよね。

飲む日焼け止めは、薬ではなくあくまでも食品。
柑橘類やハーブなど普段口にする天然由来の成分からできているものが大半で、「4歳以上」の子供であれば飲むことができるそうですよ。

飲む日焼け止め”ホワイトヴェール”は直径約7mmと粒が小さいので、比較的飲み込みやすいと思いますが、まだ小さい子だとうまく錠剤が飲み込めないこともありますよね。
そんな時は、喉につまらないように小さく砕いて飲ませてあげてくださいね。

子供たちの将来の肌の為にもしっかり紫外線対策をしてあげて、たっぷり外で元気に遊んで欲しいものです!

子供でも飲める 飲む日焼け止め”ホワイトヴェール”はこちら

太陽に負けない美容プチ情報