紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

肌老化の原因の8割は、紫外線ってホント?

年齢とともに悩みの種になる、シミやシワなどのエイジングサイン。
鏡を見るたびに「やっぱり歳って嫌だわ〜」とため息が出ますが、このお肌の老化の8割が紫外線によるものって知ってましたか?

そこで、肌老化の一番の原因である”紫外線”が肌へ与える影響について見ていきたいと思います。

「紫外線」とお肌の老化

シミやシワ、たるみって年齢を重ねる度に年々気になるようになってきますよね。
これって単純に加齢が原因なのかと思っていました。

でも、そのお肌の老化。
実は一番の原因は“紫外線”なんです。

農業など外で紫外線を浴びる機会の多いお年寄りの肌って、深〜いシワがありますよね。
これは、長年にわたって紫外線を浴び続けたことが原因。
特に日に当たりやすい、顔や首、手などは日焼けしやすい部分なので、どうしても紫外線の影響を受けやすくなります。

逆に、日の当らないお腹やお尻、内股などはお年寄りでもシミなどなく柔らかい綺麗な肌じゃないですか?
それだけ、紫外線はお肌の老化に大きな影響を与えているんです。

そして、「加齢」+「紫外線」によって、お肌の老化はどんどん進行してしまうんです。
怖すぎます。

年を取っていくのは止めることができませんが、肌老化の8割の原因である紫外線をブロックすれば、お肌の老化は緩やかにすることができるんですよ。

”紫外線”とは

紫外線は、波長の違いによって「UVA」「UVB」「UVC」の3つがあります。
このうち、お肌に影響を与えるのは「UVA」と「UVB」と言われています。

UVAは地長に届く紫外線のうち、約9割を占めていて、表皮を通り越して真皮まで達します。
肌に炎症(日焼け)を起こしたりはしませんが、真皮まで達するとコラーゲンを破壊し、シワやたるみなどの原因となります
この肌老化の原因となるUVAは、雲や窓ガラスも通過してしまうので、室内にいても影響を受けてしまう怖〜い紫外線。
外出しない日や天気の悪い日でも、うっかり日焼けに注意が必要な紫外線なんです。

UVBは、全紫外線の約1割程度で、波長が短く肌表面の表皮にとどまって、真皮まで達することはほとんどありません。
ただ、UVAに比べて強いエネルギーを持っていて、肌への作用が強く、肌が赤く炎症を起こしたり、皮膚ガンの元になります
特に5月~9月までの季節に強くなり、レジャーや外で過ごすことで影響を受けやすくなります。
夏に「焼けたな〜」と即実感する日焼けはUVBによるものなんですね。

肌老化の原因”紫外線”を防ぐ

お肌の老化の一番の原因である“紫外線”
若々しい肌を保つためにはやっぱり「紫外線対策」が必須なんですね。

でも、ジリジリ太陽が照りつける夏場にはしっかり紫外線対策をしていても、外で過ごす機会が少ない冬や外出しない日って日焼け止めクリームを塗るのって忘れちゃいませんか?

私は分かっていても、サボってしまいます・・・。
だって、どんより曇っていて寒〜い日って、全く紫外線浴びてる感がないですもん。

でも、真皮まで達すると言われているUVAは室内にいても、曇りの日にも影響を受けます。

そして、
気がつかないうちに浴び続けて、
積み重なって、
数年後「シミ」や「シワ」として登場した時に「しまった〜!」と思っちゃうんです。

もうその時には時間を巻き戻すことができないので、日々の「紫外線対策の積み重ね」が必要なんです。

この「うっかり焼け対策」にオススメなのが、飲む日焼け止め
紫外線を直接的に肌に当てないようにブロックする塗る日焼け止めに対して、体の内側から活性酸素や紫外線の吸収をブロックするというのが飲む日焼け止めなんです。
飲む日焼け止めは、毎日飲むことで効果が持続し保護力がアップするので、継続的に飲み続けることが大事になります。
毎日朝飲むという習慣ができれば、うっかり完全無防備ってことがなくなりますので、年間通しての紫外線対策にはぴったりですよね。

飲む日焼け止めでしっかり紫外線対策をして、若々しい肌を保ちましょうね!

飲む日焼け止め
“ホワイトヴェール”はこちら

太陽に負けない美容プチ情報