紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

日焼けした肌が元に戻るのにどのくらいかかる?

ちゃんと日焼け止めクリームを塗っていたつもりなのに、鏡を見て
「しまった!焼けてしまった〜!!」
と大ショックを受けてしまうことってありませんか?

「色白は七難隠す」って昔から言いますが、確かに日焼けするとおブス度が上がる気がします。
鏡を見る度に毎日ため息です…。

では日焼けして黒くなってしまった肌って、元に戻るのにどのくらいかかるのでしょうか?

どうして日焼けをすると肌が黒くなるの?

紫外線の強い日に、外にいると「私、ジリジリ焼けてる」と思うことがありませんか?
そのくらい紫外線って強いですよね。
でも、これは紫外線が皮膚を直接焦がしている訳ではありません。

紫外線を浴びて、肌の色が黒くなるのは「紫外線から肌を守る防御反応」。
メラニン色素を作って肌を黒くすることで、有害な紫外線から体をガードしようとする働き
なんです。

この肌を黒くするのが、体内のメラノサイトと言う細胞。
紫外線を浴びると、メラノサイトがメラニンという黒い色素を作ります。
紫外線には黒い色に吸収されるという性質があるので、メラニン色素は黒い色となっています。
そうすることで、表皮が紫外線を吸収して、皮膚の奥まで入り込んで肌に炎症や水ぶくれなどの強い影響を与えないようにしているんです。

日焼け肌が元に戻るのにかかる時間

夏に日焼けしても、冬になったら気がつけば元通りになっていますよね。
これはどうしてでしょうか?

紫外線を浴びると、シミやソバカスの原因となるメラニンが作られますが、このメラニンは肌のターンオーバーによって表皮に押し上げられて、最終的に角質となって剥がれ落ちていきます
そうすることで、肌の色は元の色に戻っていきます。

このターンオーバーですが、通常は約28日周期で機能して表皮が生まれ変わっています。
ただ、加齢やストレス、大量の紫外線を浴びることによってメラニンの生成とターンオーバーのバランスが崩れると、過剰になったメラニンを排出することができず、肌に残ってしまうんです。
そして、この残ったメラニンがシミやソバカスの原因となってしまいます。

健康な若い人であれば、このサイクルは約28日。
30代以降になると、45日はかかると言われています。
他にもストレスや生活習慣によっても、このターンオーバーは乱れてしまいますので、日焼け肌を早く元に戻すには、正しいスキンケアと生活習慣を整えることが大事になります。

日焼け後のケアに飲む日焼け止め

スキンケアの基本は<洗う・潤す・保湿>の3つのケア。

肌トラブルを防ぐためにも、肌の表面に押し上げられた古い角質を洗顔によって、落としてあげることは重要
ただ、洗いすぎや洗浄力の強い洗顔料でお肌にとって大事な潤いまでも落としてしまうことはターンオーバーの乱れに繋がりますので注意が必要です。

洗顔でお肌を清潔にした後には、化粧水でしっかり水分補給をしましょう。
夏場って皮脂が多いので、乾燥していないと勘違いしがちですが、紫外線を浴びた肌は想像以上に乾燥しています。
しっかり水分補給をしてあげましょう。
そして、しっかり保湿をして肌のバリア機能を正常化することが重要です。

そして、日焼けには”ビタミンC”ってよく聞きませんか?
日焼けした後には、スキンケアや食事にビタミンCを取り入れることでメラニン生成抑制作用やコラーゲン生成能力、抗酸化作用が期待できます

でも、日焼け後に一番大切なことって何だと思いますか?
それは「これ以上紫外線を浴びないこと」
当たり前ですが、重ねて紫外線を浴びることで、メラニンがどんどん生成され過剰になってしまいます。
日焼けした後は特に紫外線対策が重要になります。

そこで、オススメなのが飲む日焼け止め
日焼け止めクリームって、頭皮や目など塗れない部分もあるし、塗り忘れをしたりとどうしても100%の紫外線対策ってできませんよね。
飲む日焼け止めなら、塗り直しの手間や塗りムラによる日焼けを防いでくれますし、日焼け止めがベタベタして苦手な方や敏感肌の方も紫外線から肌を守ることができます。

また、飲む日焼け止めに含まれる「ニュートロックスサン」には活性酸素をコントロールして活性酸素を抑制する役割や、紫外線によるシミ・シワの原因であるメラニンを抑制する働きがあり、日焼け後のケアとしてもピッタリ。

日焼け対策としても日焼け後の肌ケアとしても、飲む日焼け止め活用してみてくださいね!

飲む日焼け止め
“ホワイトヴェール”はこちら

太陽に負けない美容プチ情報