紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

曇りや雨の日は紫外線対策はしなくてもいいの?

ジリジリ照りつける太陽の光。

そんな日はもちろん日焼け止めを塗って、
アームカバーつけて、
日傘をさして、
サングラスをかけて…
としっかり対策をしている人も多いと思いますが、どんより曇っている日や雨の日って紫外線対策ってしなくてもいいんでしょうか?

いいえ。
紫外線=晴れの日
これは大きな間違いです。

この油断、大事なお肌がボロボロになるかもしれませんよ。

天気による紫外線の強さの違い

厚い雲がかかっている状態の曇りや雨の日。
太陽が見えないんだから、大して紫外線ないんじゃ?と思いますが、どうなんでしょうか?

当然、晴れて雲のかかっていない日が一番紫外線は強くなります。
快晴の日を紫外線量100%とすると、晴れの日は90%、薄曇りの日は85%、曇りの日は60%、雨の日は30%となります。

つまり、曇りの日でも60%の紫外線が届いているんです。

そして、曇りの日が晴れの日より紫外線量が多いことがあるそうです。
それが「薄曇りの日」。
雲の間から太陽が出ている場合、雲からの散乱光が加わることで、晴れの日よりも紫外線量が多くなることがあるそうです。

曇りの日でも、晴れの日と同じように対策しないといけないんですね。

曇りでも影響のある紫外線

紫外線には、UVAとUVBがありますが、このうちUVAは雲を突き抜けて地上に届きます。
ちなみに、UVAは窓ガラスも突き抜けて部屋の中まで入ってきます。

UVAは生活紫外線とも呼ばれる、気がつかない内に影響を受けてしまう紫外線。
波長が長く、肌の奥まで侵入してダメージを与え、コラーゲンを破壊しシワやたるみなどの原因になってしまいます。

UVBのように炎症や水ぶくれなど急激な影響を与えるわけではないので、紫外線を浴びてすぐには気づきにくいのが特徴ですが、5年後、10年後と将来の肌に大きな影響を与えてしまうんです。

分かってはいても、曇りや雨の日って、日焼け止めクリームを塗るって面倒だし、どうしても忘れてしまいませんか?

そこで、オススメなのが飲む日焼け止め
日焼け止めと言えば塗るタイプのものが定番ですが、海外では飲む日焼け止めは既に常識。
そして日本でも、ここ数年で飲む日焼け止めはモデルやタレントの間で話題となりじわじわと浸透中のアイテムなんです。

人気の秘密は、その手軽さ
飲むだけで紫外線対策ができるので、日焼け止めクリームのように塗り忘れや塗りムラ、肌荒れなどがないんです。

毎日飲むことで効果が持続し保護力がアップするので、継続的に飲み続けることが大事になります。

毎日の習慣にして、しっかり紫外線対策しましょうね!

飲む日焼け止め
“ホワイトヴェール”はこちら

太陽に負けない美容プチ情報