紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

こんなに怖い!紫外線対策を怠った後の末路

紫外線対策しないといけないってことは分かっているけど、どうしてもうっかり忘れてしまうことってありますよね。
夏にビーチに行った後、背中がヒリヒリしたり、顔や手足が黒くなったりすると、目に見えて「日焼けしちゃった(涙)」と思いますが、紫外線ってすぐには目に見えない影響があるんです。

では対策を怠るとどんな影響があるんでしょうか?

紫外線対策を怠ったらどうなる?

シワやたるみなどエイジングの原因に

UVAは生活紫外線とも言われる、知らず知らずのうちに浴びてしまう紫外線。
波長が長いのが特徴で、窓ガラスや雲も通過してしまうので、天気が悪い日にも家の中にいても知らず知らずのうちに浴びてしまう怖〜い紫外線なんです。

波長が長い為、その影響は真皮まで到達してコラーゲンを破壊し、シワやたるみなどの原因となってしまうんです。
ヒリヒリしたり、赤くなってしまう夏場に起こりがちな日焼けと違って、すぐに赤くなったり黒くなるわけではないので、徐々に蓄積されます。
そして気づかないうちに長期間蓄積されてしまい、数年後に「シワやたるみ」として現れてくるんです。

皮膚ガンの原因に

紫外線によって引き起こされる影響で一番怖いのが「皮膚ガン」
UVAよりも強いエネルギーを持つUVBが原因となります。
UVBは波長が短く、主に肌の表面で吸収されるので、肌の奥の真皮まで達することはほとんどありません。
ただし、肌に強く作用するので、多量に浴びると赤く炎症を起こしたり、水ぶくれができたりします。
さらに肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強く、皮膚ガンの原因になると言われています

特に注意が必要なのが、紫外線を浴びた時に「皮膚が赤くなって元に戻り、黒くならない人」。
一見、日焼けしないでラッキーと思いがちですが、肌が黒く変色するのは紫外線から身を守る体の適切な防御反応。
日焼けしにくいのは紫外線に対する免疫力が低いということなんです。
実際、白人の皮膚がん発生率は、日本人の100倍以上ともいわれています。
日本人は「皮膚が赤くなった後、黒くなるタイプ」が多いそうですが、どのタイプであっても皮膚ガンのリスクはありますので、紫外線対策が重要です。

白内障の原因に

目にはもともと紫外線を防ぐ力が備わっているので、日常生活で多少紫外線を浴びる分には問題ないそうですが、強い紫外線を長時間浴びると白内障など目の病気の原因となることがあります
顔や手足は日焼け止めクリームをしっかり塗っていても、どうしても対策が難しいのが目。
スポーツや海水浴など紫外線が強い季節のレジャーには、サングラスを使うようにしましょう。

怖いですね。
今、目に見えて何か影響がある訳ではないのに、忘れた頃に将来皮膚ガンや目の病気の原因になったり、シワやたるみの元になってしまうってことなんですね。

将来の為に、飲む日焼け止めで紫外線対策を!

紫外線対策を怠ると、将来こんなに怖い影響があるからこそ、365日紫外線対策の積み重ねが必要なんですね。

でも、日焼け止めクリームって365日塗り続けるのってかなり面倒じゃないですか?
特に手なんて1日何回も洗うのに、その度に塗り直すなんて至難の技です。
顔と同じく、手って日焼けしやすいんですよね。
夏場は、出かける前に日焼け止めを塗ったり、アームカバーつけたりしますが、涼しくなってくるとどうしても忘れがちになっちゃいます。

そんな時にもオススメなのが「飲む日焼け止め」
朝、外出前に1回飲むだけで、1日中紫外線対策をすることができるんです。
飲み続けることで、効果が持続し保護力がアップしますので、毎朝の習慣にすることで365日欠かさない紫外線対策をすることができます
よ。

特に紫外線の強い季節には、日傘やサングラス、日焼け止めクリームを併用することで、より高い紫外線対策をすることができますので、飲む日焼け止めで徹底的に紫外線対策をしましょうね!

飲む日焼け止めで
紫外線対策をしたい方はこちら

太陽に負けない美容プチ情報