紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

もはや食べる日焼け止め!?トマトの「リコピン」に含まれる日焼け止めパワー

美容や健康のためにいいと話題の「リコピン」
トマトに含まれていることで有名ですが、リコピンは天然の日焼け止めとも言われているって知ってましたか?

トマトを食事に取り入れて、食べる紫外線対策をしましょう!

紫外線を浴びると発生する活性酸素って何?

紫外線を無防備に浴びた肌は、肌の細胞を紫外線から守る為に活性酸素が発生します。
この活性酸素とは身体を酸化させたり老化させてしまう原因となる物質
そして、紫外線を浴びることで、肌を守る為にメラニン色素が過剰に生成され、シミやソバカスなどの原因となってしまうんです。

また、活性酸素は真皮層にもダメージを及ぼします。
真皮にはコラーゲンが網の目のようにはりめぐらせていて、お肌のハリや弾力を作り出しています。
真皮層がダメージを受けることでコラーゲンが破壊されると、ハリや弾力が失われたるみやシワなどの原因となってしまいます

このように、お肌の老化と直結する活性酸素。
健康で美しい肌を守る為には、まずは紫外線を浴びないこと、そして紫外線を浴びてしまったら活性酸素を除去することが重要になるんです。

リコピンってどんな働きがあるの?

トマト=リコピンというくらい、トマトの代表的な栄養素である「リコピン」

このリコピンですが、まるで食べる日焼け止めと言えるほど紫外線対策として有効な成分って知ってましたか?

リコピンは抗酸化力が高く、紫外線による活性酸素を抑制する働きがあります。
その高い抗酸化力は、ビタミンEの100倍、βカロテンの2倍とも言われています。

シミやソバカスの原因となるメラニンは活性酸素によって生成されるので、活性酸素を除去することで、メラニン色素を抑制することができます。
また、お肌のハリや弾力の為に欠かせないコラーゲン。
リコピンはこのコラーゲンの生成を促し、減少を抑制するという働きがあるので、エイジングケアとしても注目されている栄養素なんですよ。

このように、抗酸化力の高いリコピンは紫外線から肌を守ることができ、内側からの紫外線対策として効果があるんです。

リコピンってどのくらい摂ればいいの?

リコピンを紫外線対策として摂取する場合、一日あたり15mgを摂取することが必要です。
15mgというと、トマトなら2個分。

毎日トマト2個ってなかなか難しいですよね。
トマトジュースならコップ1杯分なので、毎日の習慣にするならトマトジュースの方が摂りやすいかもしれませんね。

でも、トマトジュースって苦手・・・って人も多いですよね。
そんな方にオススメなのが、リコピンが配合された飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」。
ホワイトヴェールにはリコピンの他にも抗酸化作用を持つニュートロックスサン、クロセチンをはじめ、コラーゲンの生成を促すメロンプラセンタやビタミンC、女性ホルモンと似た働きをするザクロエキスなど、紫外線対策の他にも美に欠かせない成分がギュギュッと凝縮されているんです。

体の中から紫外線対策をしたい方は、ぜひ試してみてくださいね!

太陽に負けない美容プチ情報