紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

将来後悔しないために!20代の紫外線対策と飲む日焼け止め

20代のみなさん。
まだお肌の老化の実感がないからって、紫外線対策を手抜きしていませんか?
紫外線対策を怠ると、30歳を過ぎてシミ・シワなど老化のサインが一気に出てきますよ!

ドキッとしたあなた、今日から紫外線対策開始しましょう!

紫外線が20代のお肌に与える影響

元気いっぱい学生の延長の20代。
多少日焼けしても、しばらくすると肌の色って落ち着くし、日焼けの事をあまり気にしない人も多いんじゃないでしょうか?
そんな私も二十歳くらいまでは、夏はたっぷりビーチで遊んで真っ黒になってました。
どうせ秋になったら戻るし、日焼け止めをこまめに塗りなおすのって面倒だったので・・・。
でも、これが間違いの元。
一見、肌の色が落ち着いて元に戻ったように見えても、目に見えない肌の内部では大きな変化が生まれているんです。

肌への影響があると言われている紫外線には、UVA、UVBの2種類がありますが、その内肌の老化に大きな影響を及ぼすのがUVA
UVAは波長が長いので、窓ガラスや雲を突き抜けて降り注いでおり、さらに肌に当たると真皮まで到達してしまいます。
その為、真皮に存在するコラーゲンやエラスチンなどを破壊してしまい、シワやたるみを引き起こしてしまうんです。
そして、怖いのが長年浴び続けたこの紫外線は目に見えないまま蓄積されて、数十年後に現れてきてしまうということ。
1度浴びた紫外線は、後から取り消すことってできないんです。

また、20代でも出てくることがあるのがシミ。
紫外線を浴びると紫外線に対する身体の防御反応として、メラニン色素が発生します。
このメラニン色素は通常お肌のターンオーバーによって角質となり、排出されるのですが、紫外線を大量に浴びたり、老化に伴い皮膚のメラノサイトが異常を起こすことでメラニン色素が異常に発生してしまうことがあります。
そしてターンオーバーで排出できなくなり、皮膚内に残ってしまうことでシミとなってしまうんです。

20代からの紫外線対策

紫外線対策をサボったツケは30代以降に確実に、色濃く現れてきます。
まだ20代だからって油断していた人、後悔しないために今日から紫外線対策を始めましょう!

生活習慣を整えターンオーバーを正常に保つ

健康な肌の人のターンオーバーの周期は約28日。
年齢を重ねるほど、その周期は長くなると言われています。
ターンオーバー正常に保ち、古くなった角質を正常に排出させることで、シミができにくくなります
ただ、ターンオーバーの周期は早ければ早いほどいいというわけではなく、未熟な細胞が表面に出ると外部刺激を受けやすくなってしまいますので、ピーリングのしすぎ等には注意が必要です。

ターンオーバーの正常化のためには、生活習慣を整えることが何より重要です。
ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足や喫煙などは、ターンオーバーの乱れにつながりますので、生活習慣を整えましょう。

外出時には紫外線対策を忘れずに

何より大事なのが、365日欠かさない紫外線対策
天気が悪い日にも、陽が差さない冬場にも紫外線は降り注いでいるんです。
外出する時には、日焼け止めクリームや、日傘、帽子などでしっかり紫外線をカットしましょう。
また、どうしても汗や皮脂で日焼け止めって取れてしまうので、2〜3時間おきに塗り直すことを忘れないようにしましょう。

でも、うっかり塗り直しを忘れてしまったり、室内だと日焼け止めを塗るのをサボってしまったりしがちじゃないですか?

そんな方にオススメなのが、飲む日焼け止め
朝2〜4粒を飲むことで、体の内側から活性酸素や紫外線の吸収をブロックしてくれるのが飲む日焼け止めなんです。
毎日飲むことで効果が持続し保護力が増していきますので、毎日忘れずに飲むということが大事になります。

<朝飲む>って習慣にしやすいし、アクティブな20代女子にはぴったりですよね。

将来後悔しないために、飲む日焼け止めでしっかり紫外線対策しましょうね!

飲む日焼け止めで
紫外線対策をしたい方はこちら

太陽に負けない美容プチ情報