紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

シミを食い止めたい!30代の紫外線対策と飲む日焼け止め

お肌の曲がり角を迎えた30代になって、一気に気になり始めるのが何と言ってもシミ!
もう私も歳ってことかしら?と悲しくなってしまいますが、このシミの原因の80%は紫外線によるダメージって知ってましたか?

つまり、これまでに浴びた紫外線量=お肌の老化ってこと。
この老化を食い止め、見た目年齢をあげない為には何と言っても紫外線対策が重要なんです。

そこで、紫外線を浴びてシミが作られるメカニズムと30代からの紫外線対策についてご紹介します。

紫外線がシミを作るメカニズム

お肌の老化に大きな影響を与えてしまう紫外線。
紫外線を浴びると、お肌の内部ではどのような変化があるんでしょうか?

紫外線は、細胞を壊すほどの強いエネルギーを持っています。
紫外線が特に強い時間に布団を干すことで、ダニを殺したり殺菌することができますよね。
それだけ、紫外線って強いパワーがあるってことです。

この紫外線の強いパワーから私たちの細胞を守るのが表皮です。
紫外線をお肌が浴びると、表皮では活性酸素が発生します。
活性酸素とは、本来細菌や外部刺激から細胞を守るためのもの。
でも、増えすぎると細胞にダメージを与えるようになってしまうんです。
その為、表皮は紫外線を反射し体内に入り込む量を少なくしようとします。

それでも表皮の内部に入ってきた紫外線が表皮の最下層にある基底層にあるメラノサイトに届くと、有害な紫外線から細胞を守るためにメラノサイトが活性化しメラニン色素を作り出します。
このメラニン色素は黒〜褐色なのですが、メラニン色素は日数をかけて増え、ターンオーバーの作用で徐々に表皮の方に上がってきます。
こうして肌の色を黒くすることで、その後再び浴びる紫外線から肌を守ろうとしているんです。

通常は、紫外線を浴びてメラニン色素が作り出されても、肌のターンオーバーによってメラニンははがれ落ちていきます。
ただし、強い紫外線を長時間浴びたり、加齢、ストレス等によってターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、新陳代謝がうまくおこわなれずにメラニンが肌に滞留してしまうんです
こうして、肌に色素沈着してしまったのがシミ

つまりシミを防ぐためには、メラニンが作られる原因となる紫外線を浴びないこと。
そして、肌のターンオーバーのサイクルを正常にすることが重要になるんです。

30代のシミを防ぐ紫外線対策

シミを作らないために一番重要になるのは、紫外線を浴びないということです。
紫外線は365日どんな時にも降り注いでいますのが、外出する時には、日光が直接当たらないように日焼け止めクリーム、日傘や帽子、サングラスなどを使用することをオススメします。

日焼け止めクリームを使う場合には、SPFとPAという数値をチェックしましょう。
SPFはUVBをカットする時間の目安、PAはUVAに対する防止効果の高さを表しています。
紫外線の強い夏場に長時間外で過ごす時には、SPF50、PA+++〜くらいのものが最適です。
数値が高いほど肌への負担が気になりますので、日常使いであればSPF30、PA++程度のものを選ぶようにしましょう。

とは言っても、日焼け止めクリームや日傘での紫外線対策って、なかなか365日は出来ていないのが現実ではないでしょうか。

そこで、そんな30代女子にオススメなのが、飲む日焼け止め
皮膚に紫外線が直接当たらないようにする日焼け止めクリームに対して、飲む日焼け止めは体の内側から活性酸素や紫外線の吸収をブロックするという考え方のもの。

紫外線を浴びると表皮で活性酸素が発生しますが、飲み日焼け止めに含まれる成分にはこの活性酸素を抑制する働きや、日焼けによる炎症を軽減する作用、メラニンの働きを抑制する働きが期待できます。

飲み続けることで、抗酸化力や紫外線に対する防御作用が高まりますので、継続的に飲み続けることが重要になります。

しっかりケアをすることでまだまだ若々しくいられる30代。
「あの時、しっかり紫外線対策をしていたら・・・(涙)」とならないために、今からしっかり紫外線対策して、10年後もシミのない美しい肌を目指しましょうね!

飲む日焼け止めで
紫外線対策をしたい方はこちら

太陽に負けない美容プチ情報