紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

パサパサ髪は老け見えの原因に。紫外線対策で美髪をキープ

シワやシミ。
老けて見える要素としてすぐに思い浮かぶのはお肌ですが、実は髪ってお肌以上に年齢が現れるパーツって知っていましたか?

確かに、黒く艶やかな髪ってすごく若々しく見えますよね。
反対に、どんなにキレイにメイクをして今どきのファッションをしていても、髪がパサパサしてツヤがない状態だと一気に老けて見えてしまいます。

そこで、ここではパサパサ髪を招く紫外線の影響とその対策についてまとめていきたいと思います。

パサパサ髪を防ぐ紫外線対策

お肌には日焼け止めクリームを塗っていても、頭皮や髪に紫外線対策をしている人って案外少ないんじゃないかと思います。

でも、これが老け見えを招くNG習慣。
他のパーツよりも太陽に近く、紫外線の影響を受けやすい髪の毛。
なんと顔に比べて倍以上の紫外線の影響を受けるんだそうですよ。

では、紫外線から髪を守るにはどのようなケアをすればいいのでしょうか?

一番大事になるのが、何といっても紫外線を浴びないっていうこと。
日傘や帽子などを利用して、直接的に頭皮に紫外線を浴びないように注意しましょう。

また紫外線が髪を黒くする色素メラニンを分解し退色させてしまうことで、髪の色が抜けて茶色になってしまうことがあります。
髪は、お肌と違って自力で再生することができませんので、UVカットスプレーなどで紫外線をカットすることが大事になります。

そして、日焼け止めクリームが塗れないパーツだからこそオススメなのが「飲む日焼け止め」
飲む日焼け止めは、毎日1回飲むことで体の内側から活性酸素や紫外線の吸収をブロックするという考え方のもの。
飲むことで紫外線対策ができるので、髪や頭皮のケアにはぴったりのアイテムです。

飲む日焼け止めホワイトヴェールはこちら

紫外線を浴びた後のヘアケア

また、大事になるのが紫外線を浴びた後のケア。
紫外線を浴びてしまった時には、その日のうちにしっかりとヘアケアを行うようにしましょう。

シャンプーはしっかりと、でも優しく洗い上げる

特に、プールや海などに行った時には髪に不純物など様々な汚れがついています。
髪にこれらの汚れが残っていると髪のトラブルの元になってしまいますので、シャンプーでしっかりと落としましょう。
ただし、紫外線を浴びた頭皮はかなりデリケートになっています。
しっかりと泡立てて、とにかく優しく洗い上げるようにしましょう。

また、シャンプー選びも重要です。
洗浄力の高すぎるシャンプーは髪や頭皮のトラブルの元。
添加物ができるだけ含まれていない天然素材の髪や頭皮に優しいシャンプーを選びましょう。

トリートメントで髪のダメージを補修する

髪の毛はアミノ酸のシスティンが結合したタンパク質でできていますが、紫外線を浴びた髪はこの結合を分解してしまい、髪の表面を保護するキューティクルもはがれていきます。
これらの髪のダメージを補修する為に、シャンプー後はトリートメントを使って髪を補修していきましょう。
トリートメントは塗布して10分程度を置くことが重要。
蒸しタオルなどで髪を包み込んで時間を置くことで、さらに補修成分が髪に浸透していきます。
そして時間を置いた後には、髪や頭皮にトリートメントが残らないようにしっかりすすぎを行いましょう。

ドライヤー前に洗い流さないトリートメントでケア

タオルドライした髪はドライヤーをかけていきますが、その際には髪の毛の中間から毛先にかけて洗い流さないタイプのトリートメントをつけていきましょう。
この洗い流さないタイプのトリートメントにはUVカット機能があるものがありますので、髪の補修だけでなく紫外線ケアとしてもおすすめです。

その他髪や頭皮の紫外線対策やヘアケアはこちら

どうでしょうか?
お肌の紫外線対策と同じように、髪も紫外線対策やケアを行って、夏も美髪をキープしていきましょうね!

太陽に負けない美容プチ情報