紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ紫外線対策の新常識!飲む日焼け止めのススメ

UVカットガラスでも油断しないで!運転中の日焼け事情

暑くなってくると、車の中ってすごく暑くなりますよね。
運転していても、窓ガラスを通してジリジリと紫外線が照りつけているのが分かります。

でも、最近の車ってUVカットガラスって書いてあることが多いのですが、UVカットガラスってことは日焼けしにくいんでしょうか?

車の中の紫外線

夏場の運転って、すごく車中が暑くなるから腕がすごく焼けている気がして、手袋をつけている人も多いですよね。
確かに、運転をよくする人が何も紫外線対策をせずに運転すると、窓側の半分だけすごく焼けていることがあるようです。

でも、「車を買う時に、カタログにUVカットガラスって書いてあったから、紫外線って車中までは入ってこないんじゃ?」と思っている方もいるのでは?

でも、このUVカットガラスのUVカットは100%ではないんです。

今、国内で販売されている車はほぼUVカットガラスが採用されているそうです。
しかもそのUVカット率は99%。
100%ではありません。

そして、このUVカット99%はフロントガラスだけのことが多く、ドアガラスやリアガラスは99%ではなく、UVガラスと言っても90%程度のことが多いようです。
しかも輸入車や昔の車であれば、UVカットガラスではない可能性もあるようです。

また、車の中で気をつけるべき紫外線はUVA
UVAは波長が長いため、曇りの日も雲を突き抜けて降り注いでいますし、室内にいても窓ガラスを突き抜けて室内まで降り注いでいるんです。
しかも車の中って動いたり、日陰に移動したりできる訳ではないので、何も対策をしていないと確実に日焼けしてしまいます。

車の中の紫外線対策

車中と言っても、油断せずに紫外線対策をすることが大事になります。

窓ガラスにUVカットフイルムを張る

車の窓ガラスが99%UVカットでない場合、UVカットフイルムを張ることがオススメです。
カット率が高いものだと、99%カットというものもあります。

フイルムタイプは窓ガラスに貼って紫外線を防ぎますが、その他にも手軽にできるスプレータイプやワックスタイプまでいろんな商品があります。
最近では紫外線や暑さの原因を作る赤外線そのものをカットしてくれる車専用のフィルムもあるようですので、車中の暑さ対策としても良さそうですよね。

長袖やアームカバーをつける

車を運転していて特に日焼けしやすいのが、腕ですよね。
ジリジリと紫外線の音が聞こえるんじゃないかと思うほど。

運転する時はアームカバーや長袖のカーディガンを使って、直接紫外線が当たらないようにしましょう。
また、目に紫外線が入ると脳は日差しが強いと判断し、紫外線からお肌を守るためにどんどんメラニン色素を作り出してしまいます。
運転中はできるだけサングラスをかけるようにしましょう。

日焼け止めを塗る

特に注意したいのが、窓ガラスを突き抜けて車内に入ってくるUVA。
UVAは生活紫外線とも言われ、積もり積もって忘れた頃にシミやシワとして現れてくる怖〜い紫外線です。
日焼け止めを選ぶ時には、UVAをカットすることができるPAの強度を重視したものを選びましょう。
PAは「Protection Grade of UVA」の略ですが、PAは数値化できないので、++++、+++、++、+の4段階に分かれて表示されています。

飲む日焼け止めで全身紫外線対策

ちょっとスーパーまで買い物に行くだけだから・・・
子供を迎えに行くだけだから・・・
日焼け止めを塗らないといけないと分かってはいても、ついついちょっとだからいいかって思っちゃいませんか?
この「ついつい」が積み重なると数年後に、後悔することになるかもしれません。

そんな方にオススメなのが、飲む日焼け止め
飲む日焼け止めは、毎日1回飲むだけで体の内側から活性酸素や紫外線の吸収をブロックすることができるんです。
上記の対策と併用して飲んでおくことで、車中の日焼けを効果的に防ぐことができますよ。

数年後後悔しないために、今から対策を始めましょうね!

飲む日焼け止めホワイトヴェールはこちら

太陽に負けない美容プチ情報